メニュー

製造過程【食パン編】

一次発酵

生地が膨らむのを待つ

img_pro_a_1小麦粉を入れて使用時に自動で仕込みに搬送する。

小麦粉・イースト・イーストフード仕込水等を混捏し醗酵室に入れる。

その後、中種生地を醗酵室(温度27℃湿度80%)で4~4.5時間醗酵させる。 

ミキシング

材料を計る・こねる

img_pro_a_2醗酵後の中種生地・塩・砂糖・油脂・その他副資材を入れてミキシングする。

ミキシングした生地を約20分間休ませる。

分割・丸め

生地を小さく分ける

img_pro_a_3生地を指定重量に分割し、生地ダマを丸める。

分割でダメージをおった生地を休ませて回復させる。

成型

生地の形を作る

img_pro_a_4生地に混入した金属を検知して自動で取り除く。

流れて来た生地ダマのガス抜きを行い均一に醗酵するようにする。
その後、伸ばされた生地を巻いて棒状にする。

棒状に巻かれた生地をUにして流し、その生地を5個食型ケースに自動で投入する。

二次発酵

もう一度ふくらませる

img_pro_a_5ホイロ内温度38度・湿度85%の中に50分程度入れて生地を醗酵させる。(食型ケースの7割程度)

食型ケースに蓋をかぶせる(プルマン型)。
(山食は蓋をかぶせない)

焼成

生地を焼く

img_pro_a_6_2醗酵させた生地を約210度で35分間焼成する。

焼き上がったプルマン食パンの蓋を自動で取り外し、焼き上がった食型毎反転させてパンを抜き取る。

コンベア上でパンを冷却する。
中心温度35℃程度まで冷却する。

3斤棒で焼き上がった食パンを4・5・6枚切の厚さにスライスする。
スライスされた物を1斤分づつに振り分ける。

包装

焼き上がったパンを包む

img_pro_a_71斤づつ包装紙に入れ、包装紙の口をシールする。

1斤づつ包装紙を結束する。

その後、金属探知機を使用し、金属が入った場合検知し取り除く。

出荷

パンを出荷する

img_pro_a_8箱詰め作業を行い、各得意先毎に仕訳を行う。

その後、得意先に配送する。
 
 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME